「奏でる」の語源は? グッドモーニングことば検定林修先生 - まるまる録

ことば検定 未分類

「奏でる」の語源は? グッドモーニングことば検定林修先生

更新日:

おはようございます。まるです。
今日のことば検定は傑作選です。
今日は、バッハの誕生日。日本では音楽の父と呼ばれていますね。

そこで、今日の問題は、「奏でる」の語源は?という問題です。

スポンサーリンク

今日の問題

動物の習性に由来する言葉はどれ?

 青  遠くへ出かける

 赤  腕が出る

 緑  この冬 少し太った

正解

 赤  腕が出る が正解です。

 緑 はというと、冬になると動きがイマイチになり、その結果「腹出る」なんだそうです。
スタッフさんはおいくつなんでしょうね?

高尚なバッハの音楽とはあまり関係がないような気もしますが、林先生も何となく、これについては力説していたご様子でした。

解説

「奏でる」は、文語では元々「かなづ」であり、「か」と「な」と「づ」それぞれの間に「い」が入っていて、「かいないづ」という言葉であったそうなのです。
「かいな」は腕
「いづ」は「出る」。文語では「出づ」です。

「奏でる」は「舞を舞う」の意

広辞苑で「奏でる」の意味を調べると、何と「音楽の演奏をする」のは2番目なのですね。
1番目は何かというと「舞を舞う」。
舞を舞う時には腕を動かしたり前に出したりする、
それで
「かいないづ→かなづ」 
となったということなのです。

「奏でる」が「腕が出る」とは、かなり意外な答えだったのですが、説明を聞いて納得です。


では、皆さま、春分の日今日もお元気にお過ごしくださいね!

はとバスツアーなら日本旅行がおすすめ。



3月12日は、「312」で「さ・い・ふの日」

スマホも入る長財布

こちらは男性用。入学や卒業のお祝いに。名前が入れられる財布

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-ことば検定, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.