羽生選手、最年少受賞に 国民栄誉賞、政府検討 - まるまる録

ニュース 未分類

羽生選手、最年少受賞に 国民栄誉賞、政府検討

更新日:

羽生選手の国民栄誉賞受賞が検討されているというニュースです。

フィギュアでの勇姿が目に焼き付いています。

スポンサーリンク

羽生選手、国民栄誉賞か

安倍晋三首相は2日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で優勝し、同種目で66年ぶりの五輪連覇を果たした羽生結弦(はにゅうゆづる)選手(23)への国民栄誉賞の授与を検討するよう指示した。有識者の意見を聞いたうえで正式決定するが、受賞となれば個人では最年少で、スケート界では初めて。

 最初は小平選手もと言われていたのですが、記事には書いていないですね。

他のメダル受賞者はどうなるのでしょうか。

他の皆さんにも、分け隔てなくあげたい気持ちもありますね。

羽生選手特集記事

ジャンプの飛び方が、図解入りで詳しく書かれています。

平昌オリンピック 羽生結弦

プロフィール

はにゅう・ゆづる 1994年生まれ、仙台市出身。2014年ソチ五輪金メダリストで、世界選手権は2度優勝。学習理論や心理学を学ぶ。メディアに多くを語る理由は、「何を考えていたかを思い返せるので財産になり、研究材料になるから」だという。

-ニュース, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.