茨城妻子6人殺害事件 被告夫が拘置所での対話で施設育ちの自らの孤独を語る - まるまる録

ニュース 未分類

茨城妻子6人殺害事件 被告夫が拘置所での対話で施設育ちの自らの孤独を語る

更新日:

茨城)孤独の中育った被告、心境語る 日立6人殺害事件

スポンサーリンク

事件の全容

妻子5人殺害容疑、再逮捕 「離婚話に不満」 茨城・日立
茨城県日立市で母子6人が殺害された事件で、茨城県警は26日、長女(当時11)への殺人容疑で逮捕した小松博文容疑者(33)=日立市田尻町2丁目=を、妻の恵さん(当時33)と残る子ども4人への殺人と現住建造物等放火の疑いで再逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 捜査関係者によると小松容疑者は「離婚話になり、妻が子どもを連れて行くことが不満だった」と供述しているという。
 捜査1課によると、小松容疑者は6日午前4時40分ごろ、日立市田尻町2丁目の自宅アパートで、恵さんと3〜7歳の4人の子どもの胸などを刃物で複数回刺したうえ、寝室などにガソリンをまいて火をつけ、失血死や一酸化炭素中毒死させた疑いがある。
 また、捜査関係者によると、小松容疑者が6人の殺害に使った包丁は1本とみられ、事件の数日前に新品を購入していたという。
 現場からガソリンの携行缶も見つかっており、捜査1課は、小松容疑者が周到に準備をしていたとみている。
茨城県の県営住宅で、離婚を切り出した妻に不満を持った33歳夫が、妻と子供5人を殺害。ガソリンをまいて放火をした事件。水戸拘置所にいる被告に記者が会見をしたその内容。

妻の離婚話

小松被告は数年前に結婚。妻は連れ子がおり、その語4人の子供に恵まれた。周囲からは「良い父親」と見られていた。

殺害のきっかけは妻の離婚話であったらしい。

浮き上がった孤独

小松被告は親と死別後、幼少期から20歳までを施設で過ごしたという。兄弟とは連絡を取っていない。定職に就かず職を転々とした。そのためか「友達もいなかった」

妻からの離婚話で「妻が他の男に奪われるかも知れない」と思い凶行に及んだという。

なぜ子供を殺したのか

「自分も死ぬつもりで、子どもたちだけをこの世界に置いてきぼりにできなかった。子どもたちを同じ境遇におけなかった」

「同じ」というのはつまり、子供たちが親をなくして、施設に送られることを差すのだろう。
殺害に至る場合というのは、多くの矛盾を含むものだが、家族を持たなかった被告が、これまでの家族との生活が破たんすることに不当に大きい怖れを持ったのには違いないようだ。

精神鑑定も受けたが、起訴が決まって、このあとの裁判を待つ身だという。
殺害された妻と子供たちのために祈りたい。

-ニュース, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.