ゴルフ以外に卓球選手にもある?「イップス」 - まるまる録

ニュース 未分類

ゴルフ以外に卓球選手にもある?「イップス」

更新日:

この記事を読んで、イップスが精神的な原因なのかとやや疑問に思った。wikipediaの概説には

スポンサーリンク


しかし、イップスの正確な原因というのは未だ決め手がない。一つの可能性として、あるタイプのゴルファーに関して言えばそういった現象は加齢に伴う脳の生化学的変化の結果ではないかと考えられている。プレーに関係する筋肉を使いすぎたり、協調や精神集中に迫られることで、問題が悪化する場合もある。また別に、イップスの本当の原因として局所性ジストニア (focal dystonia) がその可能性の一つとして言及されることもある。

治療の方には、次のように


明確な治療法は無く、克服出来るかはその人間次第である。最終的に克服出来たとしてもイップス発症から数年・数十年経過しているケースも珍しくない。

よく行われる治療法としては、最初は原因を発見して失敗した場面を直視することから始まり、無意識に身体が拒否反応しているので小さい部分から徐々に成功体験させて自信を体感させる行為がある。しかしこれは精神的に覚悟や開き直りを求める行為でもあるので新たに精神に負荷をかけてしまう恐れもある。また別に、単なるスランプや緊張からくるあがり、あるいは精神的な病気が原因ではなく、運動障害であるジストニアが疑われる場合には、職業性ジストニアの治療に準じた治療が少数の医療機関にて行われつつある。

精神的なものなら治る可能性は大いにあるが、局所性ジストニアならば治療は難しく、「克服出来るかはその人間次第である。」というのはまったくの誤りで、症状を悪化させるのみになる。

私はピアニストの局所性ジストニアなのだが、演奏はまったくできなくなった。

精神的な要因が発症にどの程度関わるのかもわかっていない。いったん発症した場合は、メンタルトレーニングではまず治らない。

たとえば、ストレスから胃潰瘍になったものを、精神的なものが要因だったとしても、メンタルトレーニングで潰瘍を治せと言われても治らないのと同じ理屈である。

専門医を探すのが難しいので、その間に治療法を悪化してしまいがちな病気だ。

できるだけ早くに適正な診断を受けるのが望ましい。

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-ニュース, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.